2004.08.01

スチームボーイ

予告編を観て、わくわくするものと、脱力するものがあり、この「スチームボーイ」はかなりわくわくするものだったわけですが……。
結果は予告編のほうがわくわくだった、でした。
なんでかなあ。
描き込まれた、産業革命の時代のイギリスの町並みの様子、レンガや壁紙やインテリアや、そういったものの偏執狂的に細かい描写は本当に素晴らしい。でも、お話に膨らみがないんでしょうか。おじいちゃんとお父さんの気持ちがどうしても伝わってこない。
残念。といか、もったいない。
ということで――★

| コメント (0) | トラックバック (0)