« 2006年3月 | トップページ | 2008年11月 »

2006.04.13

白貝

Sirogai
これも、北海道でしか(私は)見たことがない物の一つ、白貝。以前、「キャンプで北海道」の時に食べて、びっくりしたんですが、「住んで北海道」となった今でも、そーんなによくみかける物ではありません。見かけたら買う、って感じの「ややレア」な食べ物です。苫小牧あたりで獲れるものらしく、今回の産地も苫小牧でした。

7.8cmくらいはある、いがいと大きな貝(もちろんもっと大きいのは別の場所へ行くので、これは小さい部類なんだろうけれど)で、でも、見かけのわりには平べったい(厚さは1cmくらいかも)ので、身はそんなに多くない。
でも、焼いて食べると、すごく弾力のある身で、噛むほどにじんわりと貝の味を堪能できるという、まあ、私のような渋好みの貝好きの方にオススメの食べ物です(どこが)。珍しいし、おいしいわりには、6つで250円で売ってたので、そーんなに高級なものでもないのかなあ。生ものの値段って変動してなかなか難しいから、多分もっと高いものだと思いますが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

えびの頭の酸辣湯

Ebijiru
新鮮な赤い赤い南蛮えびが手に入ったときは、頭もおいしいので食べてしまいます。
食べ方は2通り。
1.頭の一番外側の殻を取ってから、小麦粉をまぶしてから揚げにする。(ビールのおつまみに最高!)
2.汁物の具にする。(使う分量ごと小分けにして冷凍しておくと、朝の味噌汁の具に最適!)

今回は、頭をつかって酸辣湯(風)のスープにしてみました。
最近はまっている簡単酸辣湯は、鶏肉を酒蒸しした時に出るスープで作ります。
入れるのは、鶏肉の酒蒸しの汁、レモン汁、プチトマト、鶏がらスープの素少々、ナンプラー、きのこやえび頭や春雨、そしてパクチーなど。こんなんを適当に入れて混ぜると、あーら不思議、酸っぱくておいしいエスニックスープになります。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.08

赤平のらんフェスタ

Akabiran1Akabiran3Akabiran4Akabiran2
赤平という、昔炭鉱でにぎわった町で行われた「らんフェスタ」に行ってきました。

炭鉱で町がにぎわっていた1960年(昭和35年)には6万人近くの人口があったそうですが、その後、炭鉱の衰退により人口は激減。現在は、1万5千人の町。でも、炭鉱が閉鎖された1994年に新しく「赤平オーキッドナーセリー」というランの育苗の会社が設立されて、ランの栽培では道内でもかなり有名な町になってます。
赤平体育館で開かれた「赤平らんフェスタ」は、東京や大都市の企業主体のらんフェスタに比べて、とても手作り感にあふれて、それはそれはあたたかい感じのするおまつりでした。

北海道のらんの愛好家が育てた鉢が500鉢ほど展示され、その中でグランプリに輝いたのが一番左上のデンファレ。こういうふうにしだれ桜のように咲くランがあるとは知りませんでした。見事なものです。他にも、丹精こめたお花がたくさん。長い白い冬を過ごしてきた身には花の色が目に染みました。らんって、南国のイメージがあるんですが、北海道でも充分育てられるんです。なぜなら、北海道の冬の家は、暖かくてまるで温室のようだから。
我が家の、広島からつれてきたらん達もとっても元気に過ごしています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.07

豆鼓入り麻婆豆腐

Mabodofu
ほんのちょっとでいいから、麻婆豆腐を作るときに豆鼓を入れるととっても本格的な味になります。

<作り方>
1.にんにくのみじん切りを油でじっくり炒めて香りを出す。そこに豆板醤を小さじ1入れる。炒める時間が長いほど辛味が増すので、辛いのが苦手な人は遅く投入。
2.豚ひき肉150gくらいを投入し、しっかり炒める。えのきたけを半分くらいに切っていれる(つるんつるんとして食感が増しておいしい)ここで味付けする。塩コショウ、オイスターソース、鶏がらスープの素、豆鼓、紹興酒、などをどんどん入れて、肉に味をつけてから、お湯1カップを入れる。
3.あらかじめ、さいの目に切ってお湯に浮かべて温めておいた豆腐を入れてしばらくぐつぐつと煮る。いい感じになったら、ネギやにら(手でちぎっていれる)を入れて、水溶き片栗粉を入れてとろみを出す。最後にさっとゴマ油を入れてできあがり。

んー、問題は作り方と写真が微妙に違うということですね。すみません。でも、麻婆豆腐って簡単で栄養豊富でとっても大好き。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.05

ほやの酢の物

Hoyasunomono
ほやって、なんとなく東北の日本海側の食べ物かなあと思っていたんですが、こっち、北海道でも出回ってます。
そしてこれがまたすごく色が赤いんです。仙台でよく食べていたんですが、もっと色がおちついたオレンジ色だったと思うんですが、こっちのは真っ赤っか。南蛮えびといい、ほやといい、北の海には赤い色素が含まれているんじゃないのかと疑いを持ってしまうほどです。

ということで、今回はビニール袋に、殻から出したてのほやが詰まっているのを買ってきました。よく、牡蠣がそういうビニール袋で売ってますね。4つ入っていて400円くらいです。
2つ分とりだして、わかめと酢漬けのセロリとあわせて、ほや酢にしてみました。これがまた、赤い色が魅惑的で、おいしかった。んー、やっぱり前浜(自分の町の浜)で獲れた物はおいしいっ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.04

ちかの南蛮漬け

Ntikananban
ちかというのは、わかざぎと似てる小魚さん。白身で淡白な味。身がとても柔らかい。この時期によく出回っているようです。そういえば、わかさぎ釣りって、凍った池に穴あけて釣るイメージがあるから、寒い時期が旬なのかな。
わかさぎと同じようにから揚げ天ぷらにして食べるといいよ~と教えていただいたので、さっそく揚げて南蛮漬けに。

最近、小魚を見るとかなり南蛮にする確率が高い。そのココロは、日持ちがするから。天ぷらから揚げはその日が一番おいしいけれど、南蛮漬けにした時の、数日たって、衣がとろんとして、野菜となじんだ味がたまらない。特に酢に黒酢を使うようになってから、酢のつんとする感じが減ってお料理に酢を使うのが楽しくなってきた。

黒酢でつくる南蛮漬け、たいへんオススメです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.03

南蛮えび

NanbanebiNanbanebimuki_1

「南蛮えび」とは一般的には「甘えび」と呼ばれている、「ホッコクアカエビ」のこと。北陸以北の日本海沿岸で獲られるえび。赤い色と形が唐辛子(南蛮)に似ていることから南蛮えびと呼ばれているとのこと。


私はここへ来るまで「南蛮えび」という言葉を知らなかったので、甘えびとは違う種類のえびだと思っていた。それくらい、ここのえびの色が真っ赤っかでキレイだったから。新潟山形で食べた甘えびはもっと落ち着いた赤で、身も小さかった気がする。ここの南蛮えびは何といったらいいのか、透き通った真っ赤なルビーのような、したたるような透明な赤い色なのだ。本当にキレイ。これの皮を剥いて身を取り出すと、これがまた透き通ってきれいな色をしていて、皿の模様が透けてみえる。活きているせいか、きゅっっと身を丸めるその姿がまたかわいらしい。これが獲りたてということなんだろうけれど、地元の人はまったく当たり前なんだろうなあ。一人感激する私。ちなみにこれで298円。安い安い。いくらでも剥きますって感じです。

さて、えびの頭ですが、気が向いたときは、外側の堅い殻を剥いて、から揚げにします。これがまた、ふわふわとしてさくさくとして、とてもおいしい。もちろん味噌たっぷり。気が向かないときは、そのままビニール袋に入れて冷凍。朝のお味噌汁の具として大活躍してくれます。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006.04.02

手作りパン

Katairitedukuripan
最近、手作りパンにはまっている。
理由は単純。というか切実。硬い雑穀系の食事パンが手に入らないからである。
作ってみたら、案外これが簡単で、旨い。特に焼きたては最高。
ちょっと焦げたくらいの焼き加減が手作りっぽくていい感じ。
今のところ、粉は薄力粉、それにライ麦グラハムオートミールなどなどを混ぜて、ヨーグルトを混ぜてちょっともっちり系で焼いている。はじめは整形もめんどくさいので、丸い大きいカンパーニュっぽく焼いていたが、最近は、パウンドケーキの型に入れて焼いている。かわいい食パン風。こうすると、焦げる場所(いわゆる耳って奴ね)がたくさんあり、この耳がうんまい。食パンでは耳はおせじにもおいしいとは思えないのだが、手作りパンの不思議、そこが一番おいしいのである。噛めば噛むほどおいしい。

中には、ダイスチーズ、ベーコン、レーズン、くるみ、干しいちじく、などを入れてみる。チーズの焦げた感じも捨てがたい魅力なので、わざわざパンと型の間にさり気なくチーズをばらまいてみたりする私。オススメは干しいちじく。チーズを載せて食べると、あああ。食パンを焼くには食パンの型が必要と思い込んでいましたが、なんでもいいわけですよね。安売りで買っておいたパウンドケーキの型が大活躍。パンの焼ける香りは、なぜか人を惹きつける。イースト菌バンザイ。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006.04.01

あわびのウロ

Kobati
海に面したとある街に住んでいるのですが、寿司屋さんがとても多くてどこも甲乙つけがたい美味しさと安さを誇ってます。みなさん、ファミレスがわりに寿司屋を使っているんじゃないかというくらい、アットホームが感じの店が多いです。いいことです。

ということで、久々にスピカ家お気にいりの寿司屋さんにおでかけ。お寿司を食べる前の小鉢も好き。今回頼んだのは、あわびのウロ(右前)、赤貝とたけのこの煮付け(左前)、アンコウの肝あえ(奥)、の三品。どれもおいしくて、肝あえと言っておきながら、肝そのものだけが出てくるあたりが、豪快な寿司屋さんなのですが、毎回必ず頼むのが「あわびのウロ」。

みなさん「あわびのウロ」って知ってます?あわびの肝の部分なんですよね。新鮮なウロを多分ちょっと味つけしてあるんだと思うんですが(今度聞いてこよう)これがうんまいっ!日本酒に合いますです。しかもこのウロ、たったの200円なんです。涙。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2008年11月 »